よくある質問

契約手続き関連

賃貸入居にあたり必要な保険は、必ず加入しなければいけませんか。
弊社の保険は強制加入ではありません。ただし、お部屋の賃貸借契約上、保険に加入することが条件となっている場合がありますので、弊社代理店(入居するお部屋を管理されている不動産会社)までお問い合わせください。
契約プランの決め方がわかりません。
ご契約時に、ご契約者の入居状況(単身・ご夫婦・ご家族)に合わせた契約プランをご推奨します。また、ご推奨プラン以外の契約プランをお選びいただくことも可能です。詳細は、弊社代理店(入居するお部屋を管理されている不動産会社)までお問い合わせください。
保険料はどのように支払いますか。
保険料は、コンビニ払いまたはクレカ払いにより一括払で全額をお支払いいただきます。
コンビニ払いの払込番号の有効期限が切れているのですが、どうすればよいですか。
コンビニ払いの払込番号の有効期限は30日となっています。有効期限が切れた場合で、かつ、保険料の支払期日前であれば、再度、新しい払込番号を発行されますので、すみやかに保険料をお支払いいただきますようお願いします。
保険証券は発行されますか。
弊社では、ご契約締結時またはご契約継続時に紙の保険証券を発行しません。ホームページ上の「マイページ」にログインし、「加入内容確認証」をご確認ください。
また、書面が必要な場合は、パソコンから印刷ください。
メールアドレスが変わったのですが、変更手続きはどうすればよいですか。
ホームページ上の「マイページ」にログインし、変更手続きを行ってください。
保険契約の期間は任意で決めることができますか。
弊社の保険は2年契約のみとなります。したがいまして、2年未満、あるいは2年超の保険期間ではご契約できませんので、ご了承ください。
法人契約で入居者のみ変更する場合にも変更手続きが必要ですか。
入居者のみの変更の場合もお手続きが必要です。ホームページ上の「マイページ」から被保険者変更の手続きを行ってください。
事務所を兼ねた住居ですが、保険は契約できますか。
申し訳ございませんが、弊社の保険は借用住宅(住居専用)が対象となっておりますので住居専用でなければご契約いただけませんので、ご了承ください。
もし、よろしければ、弊社のグループ会社の他の商品をご紹介いたしますので、弊社までお問い合わせください。
入居していた部屋から退去する場合、保険契約はどうしたらよいですか。
入居していたお部屋を退去する場合は、解約もしくは住所変更のお手続きが必要となります。解約をしていただきますと、残りの保険期間に対する解約返戻金をお支払いいたします。また、転居先が賃貸物件であれば住所変更を行い、保険契約を継続していただくことも可能です。
解約の手続きはどうすればよいですか。
ホームページ上の「マイページ」からお手続きいただけます。その際にお客さまの「ユーザーID」と「パスワード」をご準備ください。
保険契約を解約すると返戻金はありますか。
解約した場合は、解約返戻金をお支払いします。解約返戻金は解約日から保険満期日までの期間によって返戻する金額が異なります。ただし、満期日1か月以内の場合、解約返戻金はございません。また、解約手続完了についてもメール送信でのご案内となりますのでご了承ください。

事故対応関連

事故が起こった場合、どのようにすればよいですか
事故が起こった場合は、弊社代理店(入居しているお部屋を管理されている不動産会社)までご連絡していただくか、ご自身でホームページ上の「マイページ」から事故のご連絡を行ってください。
事故連絡はどのような内容を伝えればよいですか。
事故連絡は、事故日、損害の状況(窓ガラス、仕切り板の被害等)、相手がいる場合(賠償)は相手の氏名・連絡先をご連絡ください。

補償内容関連

どのような損害が補償の対象になりますか?
賃貸借契約を行っている入居者さまの家財を対象として、①火災や台風等による損害の補償、②賃貸住宅の修理費用、③家主さまへの損害賠償責任、④入居者さまの日常生活における損害賠償責任、⑤入居者さまがお亡くなりになった場合のお部屋の修理・残置物整理費用等を補償します。
詳細は「商品のご案内」をご確認ください。
地震による損害があった場合、補償されますか。
申し訳ございませんが、弊社では、地震保険のご契約はできません。したがって、弊社の商品は、地震による損害は補償の対象となりません。地震保険をご希望の場合は、弊社のグループ会社の他の商品をご紹介いたしますので、弊社までお問い合わせください。
宝石・貴金属等は補償の対象になりますか?
弊社の保険では、1個または1組の価額が30万円を超える宝石・貴金属・美術品・書画・骨董などはお引き受けしておりません。ご了承ください。
空き巣に入られ家財の盗難被害はありませんが窓ガラスを割られましたが、保険で補償されますか。
補償の対象となります。ただし、警察へ盗難届(被害届)が必要となります。
自転車走行中等、誤って他人に怪我をさせてしまった場合、保険で補償されますか。
この保険の日常生活賠償責任補償条項で補償の対象となります。自転車に限らず、日常生活において偶然に発生した第三者に対する身体・財物に関する損害について法律上の賠償責任を負った場合に補償の対象となります。

その他

少額短期保険は契約者保護機構(セーフティネット)がありますか。
少額短期保険は、保険契約者保護機構への移転等の補償対象契約ではなく、弊社に対しては同機構が行う資金援助等の措置の適用はありません。
事故が弊社の想定を超えて頻発した場合や巨大災害が発生した場合など保険引受成績が悪化した場合には、保険金や解約返戻金の支払額が削減されることがありますので、あらかじめご了承ください。